お尻 ニキビ 治し方

MENU

お尻ニキビと黒ずみの原因とは?美尻を作る6つのポイント

皮脂分泌も少なく、紫外線の影響も少ないお尻にどうしてニキビ?悩んでいる方は多いのではないでしょうか?今回は、お尻ニキビや黒ずみのない美尻になるための6つのポイントをご紹介します。

お尻ニキビの原因は?

お尻ニキビは顔ニキビと同様、毛穴の詰まりが原因です。お尻は皮脂分泌こそ少ない部位ですが、角質が厚く、また日々下着や生理ナプキンにより蒸れやすくアクネ菌の温床なのです。また、生理前のストレスや妊娠、出産でホルモンバランスが乱れる場合にも、皮脂が多く分泌されることがニキビの原因となります。
更に、顔や背中ニキビにも共通する不十分な洗浄。お尻も例外ではありません。残った石鹸カスが毛穴に残りニキビができやすくなるのです。

お尻の黒ずみの原因

お尻の黒ずみ。ブツブツ感や痛みはなくとも黒ずみは醜いものです。黒ずみの原因はニキビ跡によるものとそれ以外の原因が考えられます。日々のちょっとした心がけで黒ずみ予防に繋がります。まずは黒ずみの原因を知ることから始めましょう。

ニキビによる黒ずみ

顔のニキビ跡がシミなどの原因となるのと同じように、お尻のニキビ跡が黒ずみの原因になります。顔ニキビは意図的に潰さない限り滅多に潰れませんが、お尻ニキビは座った圧力で潰れることも多くあります。潰れたニキビがニキビ跡となり色素沈着を起こし黒ずみになるのです。

ニキビ以外の黒ずみ

1.下着等による締め付け

私たちがお尻を開放してあげられるのは入浴時の短時間。一日のほとんどの時間をお尻はパンツ等で締め付けられている状態です。ヒップアップのため締め付けの強い下着やストッキングを日々履いているなど心当たりはありませんか?締め付けられることでお尻の血流は悪くなり少しの摩擦で黒ずみが進行するのです。

2.デスクワークなどの刺激

デスクワークはもちろん、車や自動車の運転など仕事柄座っている方は多いのではないでしょうか?また、普段の生活でもテレビやパソコン、食事にテレビなど座った姿勢での生活がほぼ大半を占めます。座る姿勢では体重のほとんどがお尻にかかります。お尻はその圧力に負けないようにとメラニン色素を出して守ろうとするのです。

3.乾燥

乾燥はニキビの原因の一つですが、その他に角質を硬くする原因ともなります。お尻は乾燥すると外部からの刺激に負けないように角質が硬くなるのです。これも黒ずみの原因の一つです。

4.過度な洗浄

ニキビの原因である皮脂を根こそぎ洗い流そうとゴシゴシ擦ることがかえって逆効果に。
お尻への過度な刺激が黒ずみの原因になります。

美尻を作る6つのポイント

日頃からほんの少し、お尻に気を配ることで美尻を手に入れることができますよ。

1.乾燥を防ぐ保湿対策

保湿は必須です。保湿性の高い化粧水や美容液をお尻肌にも塗り込みましょう。

2.お尻に最適な下着選び

デザイン性を重視した下着ではなく、素材や大きさなどお尻に負担にならない下着を履くことで蒸れや締め付けからお尻を開放してあげましょう。

3.余計な刺激を与えない

ナイロン製の硬いタオルでゴシゴシ洗う必要はありません。優しくマッサージするように洗いましょう。また、バスタオルも肌触りの良い柔らかいものを選ぶなど、なるべく刺激を与えないことが大事です。

4.食事で改善

身体の内側からもケアしましょう。
メラニン色素を薄くする効果のある「ビタミンC」(アセロラ・いちご)、ターンオーバーを促す「ビタミンB2」(レバー・納豆)、皮脂分泌を抑制する「ビタミンB6」(サンマ・ニンニク)。これらビタミンを意識的に食事に取り入れましょう。

5.ピーリングで角質除去

ピーリングとは古い角質を除去しターンオーバーを促すことです。ピーリングは黒ずみだけではなく、ニキビやざらつきにも効果があるとされています。ピーリング効果のある石鹸やクリームを使ってみてはいかがでしょうか。

6.最終手段は病院

自分でのケアに限界を感じた人には皮膚科によるレザー治療が効果的です。とはいえ、保険外治療であることと、お肌に合わない場合もありますので医師とよく相談してください。

終わりに

日々のちょっとした心がけでお尻のニキビや黒ずみの予防に繋がることはたくさんあります。何から始めていいか分からないという方は、とりあえず就寝時の下着をしめつけ感のないゆったりパンツに変えてみませんか?
可愛いオシャレな下着が似合うスベスベ美尻を目指しましょう。