お尻 ニキビ 治し方

MENU

お尻ニキビを治す!市販薬、処方薬のお薬ガイド

実はおしりはストッキングや下着の摩擦、蒸れでダメージを受けやすい場所でもあります。
そのため、おしりのニキビに悩んでいる方は多いようです。

 

しかし、場所がおしりなだけに、人にも相談しにくいですよね…。

 

だからこそ市販薬ですませたいなと考えている方もいるのではないでしょうか。
とはいえ、市販でもおしりのニキビの専用クリームというのはないようですね。

 

そこで今回は、おしりニキビの薬に関するさまざまな疑問を解消していきます。

 

 

おしりのニキビは市販薬で治せる?

 

おしりのニキビは市販薬でも治すことができます。

 

近くの薬局やドラッグストアでも簡単に手に入る市販薬。
おしりのニキビには、ニキビの炎症を鎮める「抗炎症成分」が配合されているものが役立ちます。

 

市販薬で治せるけれど副作用がでることも…

 

しかし、市販薬に入っている抗炎症成分は、ニキビの炎症を素早く抑えるために、強い成分が使われている場合も。

 

成分が合わないと副作用で肌に赤みがでたり、かぶれが出ることもあるので注意が必要です。

 

 

市販薬にはおしりのニキビケアに必要な保湿成分が入っていない

 

おしりのニキビの原因は、おしりの毛穴が詰まって、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖して起こります。

 

 

そのため「抗炎症成分」で一時的にニキビの炎症を鎮めただけでは、毛穴の詰まる原因を改善できず、おしりのニキビを再び繰り返してしまうことがあるのです。

 

毛穴の詰まりを改善するためには、肌のターンオーバーを正常化する必要があります。

 

肌のターンオーバーを正常化するために保湿成分が必要

ターンオーバーが乱れている原因の一つに「乾燥」があります。

 

ターンオーバーを正常化するために、まずは「保湿」を行いましょう。

 

市販薬には、おしりの乾燥を防ぐための保湿成分はもちろん、おしりの厚くなってしまった角質に浸透できる美白成分などは入っていません。

 

おしりのニキビを一時的に直すことはできても、またニキビを繰り返してしまう可能性がありそうですね。

 

おしりのニキビには専用の商品がオススメ

 

おしりニキビ専用の商品には、抗炎症に加えて、保湿成分や美白成分が含まれています。

 

ニキビをケアしながら、肌のターンオーバーを正常化してくれるので、おしりニキビが繰り返すのを防いでくれますよ。

 

医学部外品のものも多くて成分への信頼もバッチリ

 

おしりニキビ専用の商品には医薬部外品のものも多くあります。
つまり厚生労働省におしりのニキビへの改善効果が期待できる」「と認められているので、安心ですね。

 

オススメのおしりのニキビケア商品はピーチローズ



>>公式サイトで詳細を確認する<<

価格 通常価格10,000円(税抜)→集中ケアコース5,695円(税抜)

※クレジットカード決済なら4,695円!

内容量 60g

 

【オススメポイント】

  • 肌の奥まで届く有効成分配合でおしりニキビをしっかり治してくれる
  • 保湿と美白効果アリ!おしりニキビでダメージを受けた肌全体を綺麗に
  • 医薬部外品・無添加なので安心して使える
  • ジェルなので、べたつき感もなく使いやすい

 

おしりニキビ専用の商品のなかでもおすすめなのはピーチローズです。
おしりニキビに有効な成分を豊富に含んでいて、おしりニキビだけでなく、おしりの肌全体を綺麗にしてくれます。

 

また、無添加なので、敏感な肌でも安心して使えます。

 

 

肌のターンオーバーが乱れているおしりを保湿・美白でケア

 

ピーチローズに含まれる高濃度プラセンタ、アルブチンが肌を整えて、ターンオーバーが上手くいっていない古い角質に働きかけて、美白へと導きます。

 

また、水分を保持する効果のあるセラミド<が乾燥を防いで保湿をしてくれます。
セラミドは肌バリアをつくることもできるので、乾燥だけでなく摩擦や刺激などからも肌を守り、おしりニキビの予防に役立ってくれますよ。

 

超低分子の有効成分で厚いおしりの角質にも浸透!

さらに、ピーチローズには超低分子ヒアルロン酸と呼ばれる通常の300分の1のサイズのヒアルロン酸が含まれています。

 

そのため、ターンオーバーが乱れたおしりの厚い角質にも、保湿成分をしっかり届けられます。

 

60日間の返金保証があって安心

おしりのニキビ向けの商品のなかには、返金保証があるものはあまりありません。

 

返金保証制度が充実している部分もピーチローズのオススメポイントの1つです。

 

肌に合わない、効果を感じな買った場合には60日以内であれば返金をしてもらうことができます。

 

 

おしりのニキビを治したいならピーチローズを試してみては

おしりのニキビは市販薬を使って治すこともできますが、副作用やニキビを繰り返してしまう心配があります。

 

ピーチローズには、ニキビの抗炎症成分だけでなく、保湿・美白成分も豊富に含まれているので、おしりのニキビケアに最適です。

 

 

今、おしりのニキビに悩んでいる方は、60日間の保証期間もあるので、まずはピーチローズを試してみてはいかがですか。

 

ピーチローズ公式サイト

 

 

市販薬を使う時には副作用に注意

おしりのニキビには、専用の商品がオススメです。
しかし、なかには市販薬で済ませたいとう人もいるかもしれませんね。

 

先ほども説明しましたが、市販薬では副作用がでたり、ニキビを繰り返してしまう可能性もあるので、使用時には注意してください。

 

ここでは、おしりのニキビにも使える市販薬と、副作用や注意点を合わせて紹介します。

 

ドルマイシン軟膏

ゼリヤ新薬の製品で、火傷から靴擦れまで多彩な用途に役立ってくれるので、家庭にあると便利な1本。ニキビやニキビ跡にも効果があります。

 

2種類の抗生物質を配合し、コリスチン硫酸塩とバシトラシンが含まれているので、この2つの有効成分がニキビにアプローチをかけてくれます。

 

コリスチン硫酸塩、バシトラシンはどちらも殺菌作用をもっていて、ニキビの元になっているアクネ菌、ブドウ球菌を死滅させる働きがあります。背中ニキビのマラセチア菌にも効果的。
即効性も高いので、小さいニキビだったら2〜3日くらい、赤ニキビでも1週間くらいで効き目が出てきます。

 

ただし、抗生物質が肌に合わない場合は効果がなく、副作用として赤み、発疹、かぶれなどが出る場合があります。塗布時に違和感を感じたらすぐに使用を中止しましょう。
また、抗生物質なので長期の使用は避けるべき。1週間ほど使用してみて、効果がないと感じたら使用を止めてください。

 

 

テラコートリル軟膏

 

ジョンソンエンドジョンソンが製造しているOTC医薬品で、ドラッグストアに並んでいますが皮膚科で処方されることもある薬です。
ステロイドが配合されているので、抗炎症作用とアレルギー鎮静作用があり、ニキビだけでなく発疹にも効果的。
他の軟膏薬と比べると即効性はかなり高く、一晩で赤ニキビが鎮静化された例も多くあります。

 

効果が高い反面、ステロイドの刺激が強いので肌の弱い人や小さい子供には向いていません。
副作用でかぶれてしまう場合もあるので、刺激感を感じたらすぐに使用を止めてください。

 

 

フルコート軟膏

田辺三菱製薬の製品で、皮膚科でも処方されることが多い薬です。
2種類のステロイドが配合され、フルオシノロンアセトニドとフラジオマイシンが配合されています。これらは強い種類のステロイドなので、アクネ菌の殺菌、抗炎症作用に優れています。

 

ただし効果が高い反面、ステロイドなのでテラコートリル同様に注意が必要です。
長期的な使用は皮膚萎縮が起こる場合もあるので、効果的だと思っても1ヵ月以上の使用は控えてください。

 

 

皮膚科での治療は自宅でのケアと変わらない

皮膚科でのおしりニキビの主な治療は、飲み薬と塗り薬になります。

 

塗り薬には、市販薬と同様に、抗炎症作用のある薬が処方されるケースが多いです。

 

とくに皮膚科では、ステロイド系の強い薬を処方される場合もあるため、市販薬と同様に
副作用が出る可能性もあります。

 

つまり、副作用やニキビを繰り返す可能性があるということは、市販薬を使用する場合とあまり違いはありません。
また、市販薬、皮膚科の薬、おしりのニキビケア向け商品、どれをとっても自宅でケアすることになります。

 

市販薬で副作用が出たり、治るまで何度も皮膚科に通うことを考えてみると、
まずは、自宅でおしりのニキビケア商品を試してみるというのもいいのではないでしょうか。

 

まずはピーチローズでおしりニキビのケアをしてみよう

 

ピーチローズなら朝晩2回塗るだけで、おしりのニキビケアができるので、自宅でのケアも簡単です。

 

さらに、60日間の返金保証がついているので、試してみてもし合わなかった場合にも返金できるのでおしりのニキビに悩んでいる方にオススメです。

 

気になる方は、まずはピーチローズでおしりのニキビをケアしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ピーチローズ公式サイト

 

ニキビ跡には「おしりニキビ専用商品」のような美白化粧品は効く?

 

さて、ニキビ解消の後に不安に思うのは、その痕跡ですよね。せっかく治しても、跡に残っていたら…。
そんなときに手軽にトライできるのは美白化粧品。
でも、ニキビ跡にも効くのか疑問ですよね。

 

 

改善できるニキビ跡と、できないニキビ跡

ズバリ!ニキビ跡は改善できます。
でも、残念ながら改善できないニキビ跡もあります。

 

改善できるニキビ跡

・赤みとして残ってしまったニキビ跡
・シミのように茶色く色素沈着してしまったニキビ跡

 

 

これらのニキビ跡には美白化粧品は有効に作用してくれます。

 

改善できるニキビ跡にはビタミンC誘導体を

改善できるニキビ跡には、ビタミンC誘導体配合の化粧品を選びましょう。
他にも美白成分はいろいろありますが、ビタミンC誘導体には抗炎症作用もあるのでニキビ跡には特にオススメの成分です。

 

ビタミンC誘導体には水溶性、油溶性、両性の3種類があり、それぞれ特徴があります。
化粧水と相性がいいのは水溶性と両性。
ジェルやクリームと相性がいいのは油溶性です。

 

水溶性の特徴は早い浸透力と即効性。
油溶性は浸透の時間がかかる反面、効果が緩やかで低刺激なので乾燥肌向きです。

 

特に注目したいのは両性。
水溶性と油溶性の両方のメリットをもっています。
最近少しずつ話題になっている両性のAPPS(アプレシエ)は通常のビタミンC誘導体の約100倍の浸透力があるとされています。

 

改善が難しいニキビ跡

・クレーターのように凹凸化して残ってしまったニキビ跡
残念ながら、このタイプのニキビ跡には自宅での化粧品による改善は難しいといえます。

 

 

 

ピーチローズにはニキビ跡にも有効な成分が含まれている!

ピーチローズに含まれている「天草フラボノイド」という成分は、抗炎症効果があるうえ、ビタミンCの250倍の美白効果があるといわれています。

 

ピーチローズには「ビタミンC誘導体」という成分は含まれてはいません。
しかし、ビタミンCよりも高い美白効果の期待できる「天草フラボノイド」が含まれています。

 

ピーチローズは「ニキビ跡」を治す効果もあるのでオススメです!

 

ピーチローズ公式サイト